立春に春一番か・・・

 こんにちは 
すてきな農業のスタイル にようこそ

**********************************
今日は立春、春の始まりですね。
お隣中国でも、春節が始まるようです。

春節の模様しものは、たくさんあるのでしょうが、
最近は花火はどことも禁止されていると聞きます。
マンホールの近くでの花火も、下水管のメタンガス
との相性で爆発事故もあるようです。

さて東京では、春一番が吹くのではないかと、天気
予報でも取り出さされているようです。
1988年で2月5日からの更新があるのではないかと。

こういった記録や統計記録についてはニュースで
騒がしくなっているようですが、今日はそんな喧騒を
少し忘れるがごとく、代々木公園に繰り出してみる
ことにいたしました。

原宿(代々木公園前)で下車して、明治神宮に入ら
ないで、公園入口へ。
明治神宮側に行っちゃうと、代々木公園には戻れない

代々木公園 2014年にはデング熱が出たところ。
当時は懸念されたのでしょうが、それぞれに人達で
その対策がなされて、今そのことを覚えているのも
すくなくなっていそうですね。

立春に春一番か・・・_b0391989_22423652.jpg
マラソンをしている方々、ヨガをしている方々、
いくつかの集団が思い思いの利用方法でした。


立春に春一番か・・・_b0391989_23181214.jpg
そして、水廻廊は噴水なのか、真冬は水を止めているようです。

春の先取りを少ししたくって、写真にしてみました。

黄色い蝋梅
立春に春一番か・・・_b0391989_23192257.jpg

西側の出入り口付近の山桜
立春に春一番か・・・_b0391989_23215238.jpg
きっと3月の末にはこの桜にもピンクの花が咲くのでしょう。
西側の出入り口のあたりにある、梅も待ち遠しい
春を感じて咲いていました。

もうそこまで春が来ているようです。
立春に春一番か・・・_b0391989_23242520.jpg
昨日は、お友達をお迎えして、夕食を共にしました。
これから外出が増えてきそうです。
花粉アレルギーの方は、それほど喜べないかもしれま
せんが、春の訪れは誰も待ち遠しいのかと思います。

さて今日の天気はどうなるのか、春一番は吹くのか、
統計学上の意味はどこにあるのか・・・

未来の日本人にその記録の意味が解るなら、喪失した
記録のは、どのような影響を及ぼすのか。
それは再発防止という概念で片づけてよいことなのか
取り返しがつかないようなことが起こる、なんとも、
そのようなことが起きるたびに心が痛む。

簡単なことで解決できるが、やるのは人であることは
間違いない。
やり方という手段ではなく、その目的でもなく・・・
単純に人の問題である。
人の問題は、実行者もあるが、どちらかというと、
実行側ではなく、指図側の問題。

ではまた

by tm3381 | 2019-02-04 06:19 | Comments(0)

こんにちは すてきな農業のスタイル に
ご訪問くださいましてありがとうございます。

**********************************

すでにいくつかの記事を書きました。
Domino 2025

Notesは、一時のグループウェアの代名詞となった
時もありました。
そうなると業界としては、それは儲かる、という
判断のもと、同じようなものを繰り出します。
そのようにして、分野としての活性化は図られます
が、使う方は雨後の筍、どれが美味しいのか
わかりません。

コマーシャルはどれも素晴らしい未来を約束する
ようなものばかりです。
しかし、そこには全てが、たらればで、結果良ければ
全て良しと言わんばかりの事例を紹介します。
問題はその事例で、機器の構成、仕組みとしての
構造やその取り組みの方法は記載がありますが、
その具体的な記載はありません。

もちろん、それは各社各様ですから、記載しても
参考にもならないでしょう。ところが、たられば、
この部分は構築する上では非常に重要になります。
このことを念頭において深掘りしていきます。

グループウェア=メール+スケジュール+掲示板
こんな誤解の時代もありました。
今は、さらに、これにプラスして、WEB会議と
ファイル共有が足されて、これをもってワーク
プレイスと呼ぶこともあるらしい。
グループウェア ≒ 情報を共有して保管する場所
 という考え方もあるらしい)

事務職でも、ましてや現場職では、これだけで
仕事はできないでしょう。仕事ができる環境には、
計画や指示がつきもの。それに基づいて行動して、
結果を入力することで仕事をしたことになります
よね。

だからこそのクラウドであったり、モバイルに
なりますね。グループウェアはコミュニケーション
ツールのひとつであっても、情報共有など、
そのものではないということです。

では、計画や指示がメールで届いたとして、
それに対して現場行動したとして、それをメールで
返しているとどうでしょうか?
こうすることで単発的は情報連携はできそうですね。
企業などの事業体では、メールの情報から必要な
情報をピックアップさせ、さらに有効な記録として
データ保存する、こんなことをするのでしょうか。
できれば情報の共有と保管ができそうですね。

その解決策として、タイムラインに流して、
いいね、
これでグループウェアの目的の機能なのでしょうか。
これでは一時期、メールとスケジュール、掲示板で
ことを済ませた(ように見せかけた)時となんら
進歩していないと思います。

機能しないのは、機能しない仕組みを使っているから。
システムは、プログラムの通りしか動かない。
少し問題が見えてきましたね。
まさしく、ワークプレースそのものが画面に表示でき
なければそれは可能にならない、
ということを示しております。

Notes ではこれを、業務の機能をプログラムにした
データベースnsfファイル)にすることになります。
この業務の機能をプログラムにするためには、
 ■現状の分析、構築(検証を含む)、実行、
 ○このようなスキルを持つ個人や集団の保持、
 ○それをリードする経営者のリーダーシップ、
この両輪が必要であり、実行したとしても業務などに
変更を生じたときは、
 ■改めて現状分析、再構築、実行、
これらのサイクルが適時に的確に動いていることです。

GxPでも、PDCA という概念がありますが、
 ●分析はCheckに
 ●再構築はAct とPlan に
 ●実行はDo
になりますね。システムも賞味期限があるようです。

Notes に長年取り組み、また、それが可能だった
のは、この仕組みの中に、PDCA に通ずる機能が
あったからに他なりません。
グループウェアについて考える_b0391989_19582500.jpg
システムのバージョンアップ、マイグレーションが
容易であるかどうかではなく、運用の仕方を見直し、
改訂や検証、フェーズアップの容易さ、その柔軟性、
それらのバランスの良さが最大のメリットでしょう。

現在のグループウェアは、ネットワークを介して
共同作業を進めるための“ワークプレイス”になった、
とコマーシャルがあっても、
その機能を活かすためのハードルがどの程度なのか、
業務との整合性見直しの簡易性などがどの程度含まれ
ているのか、こういったことを読み取ってふさわしい
ものを導入することですね。

往年のスターには、輝かしい記憶がある。
グループウェアについて考える_b0391989_19453379.jpg

続きます

ではまた

by tm3381 | 2018-07-31 07:10 | Comments(0)

こんにちは すてきな農業のスタイル に
ご訪問くださいましてありがとうございます。

**********************************

まだ Notes ノーツ をやってるの???
いま世間ではこんな会話を聞くことがあります。
ご存じない方は下のリンクからご覧ください。

私が Notes を知ったのは、いまから20年ほど前、
とある会社員であったとき、
その業務が商品開発であり、商品開発を行う上で、
最も留意したのが、過去の事例の参照でした。
過去の事例といっても、うまくいったことではなく、
うまくいかなかったことです。

うまくいかないことを何度やっても駄目なので、
それにトライすることは火を見るより明らか、
無駄だったのです。
そこで、その無駄をできるだけ排除するためには、
ある程度思いつくキーワードで、検索できることなのでした。

当時は、まだ、ワープロ 書院とか、まだパソコン
ではない全文検索は機能の目的外ですね。
そんなときからの念願でした。
その時に出会ったのが、その当時、Lotus Notes でした。
全文検索ができると、このようなキャッチフレーズ。

だったら過去の履歴が現在に利用できるはずだと、
当時のトップを口説き落としたまでは良かった。
で、それを誰がやるのかと・・・・
十数人の人が参加する会議での出来事です。
誰かやってよ・・・ と願いましたが、手は上がらず。

もう、ほんとに誰かやってくれる人いないの・・・・
もう、ほんとに・・・・・・・・
やってくんなきゃ、開発の効率上がらないんだけど。
ほんとにもう ・・・・・・・・・・・・・・・・

ああ、仕方ない、自分のことは自分でするか。
言い出した自分がやりますと。
それで、即決。この話は終わり。

どうすんの、どうしたらいいの。。。
ベンダーから見積もりを入手して、稟議して、
通信設備の工事が始まりました。
デジタル回線(ISDN)、サーバーの設置、パソコンの
設置、導通テスト、インストール、ID登録、
サーバーとクライアント設定、あわただしく、
環境は整った。メールは何とか、会話もできた。

ディスカッションと掲示板、テンプレートがある
ので、こうやって、データベースを作ったらすぐ
できると。確かにすぐできたけど、誰がいつ何を
入れたらいいの。
曰く、それは会社で決めてください。

ところで全文検索をしたいのだけど。。。
何を全文検索したいのですか? 全文検索するなら、
その前に、検索するべき文書を作成しておかなないと
いけないですよ。
それはどうしたらいいのですか? 文書の作成は、
データベースの設計をして、データ入力できるように
すればできますよ。

誰がデータベースを設計するのですか?
誰でもできます、Designer を使えばできますよ。
ではそれを使えるように設定をお願いします。
その後、設定をしておきました、と。

ところで、設計はどのようにすればよいですか?
どういうものが必要であるといっていただければ、
その提案はできます。できますが、スキルのある
社員は限られます。
ところで、それは無償ですか?
いいえ、有償です。皆さんそれぞれ違いますので。

であれば、自分で少し考えます。
どのようにするとよいですか?
いくつか標準のテンプレートとか、サンプルの
データベースがありますので、それを差し上げます。
それを参考にしてみてください。

参考にといっても、どのようにしたら良いのですか?
Designer をこうして起動して、このようにすれば
フォームができて、フォームを使ってデータ入力、
すると、その文書がビューで見えます。
そのビューで、このようにして検索することで、
全文検索できます。

こうしてキーワードを入力して、実行とすれば、
ほら、キーワードがたくさんあるほど上に表示され、
色付けされて見えるでしょう。
キーワードがない文書は表示されません。

なるほど、そうですか、ではそれでやってみます。

そんなやり取りをして、兎に角、何もわからない
素人が Designer を操って、設計を始めることに
なりました。
といっても、とても操っているとはとても
恥ずかしくて人さまには言えるものではありません。

ヘルプ(これもNotesDB)を検索して、
何が目的の内容に合うのかを見つけて、
そのうち、先に式やスクリプト(大工道具?)が
どのようなことができるのかを知っておいた方が
速いなと。

参考書がほしい・・・
その当時のものはさすがに捨ててしまったが、
今はこんな参考書がある。

まだNotesやってるの 失礼ね・・・_b0391989_20432280.jpg

長くなってしまいました。
続きます。 ではまた



by tm3381 | 2018-07-28 06:36 | Comments(0)

こんにちは すてきな農業のスタイル に
ご訪問くださいましてありがとうございます。

**********************************

今年は変な台風が来ましたね。

台風12号(ジョンダリ)、そして思うこと_b0391989_21135821.png

日本の南岸を西南から東北の方向に抜けていくのかと
思いきや、まるで沖縄にでもいるように、東南から
近づいて、西北に去ってゆく。(らしい)

朝から、台風の進路とか、その影響の度合いで、
出来るだけ早いうちに対応を、警戒が必要だと、
隅田川の花火も延期、夏休みのTDを楽しみに
していた子供たちも週末は台無し。

かくいう私も、あれから50年。
夏休みの宿題、日記がありましたが、
台風の日から後は、”ガラス拾い”と書いてたと、
そんな思い出があります。

その当時小学高校学年だったと思いますが、
父母はガラス温室でメロンなどを作っていました。
その年の台風がガラス温室を破壊してしまった。

後に残ったのは、作物が風にあおられてやつれて
雨ざらしになったぼろぼろの姿と、あたり一面の
泥にうずもれた無数のガラス片でした。
父母の焦燥感は子供の私にはわかりません。
しかし、雰囲気で何となく理解したように思います。
作物は全滅し、残ったのは残骸だけ。

水が引いた後は、ガラス片を一つ一つ、
それも丁寧に一つ一つ、手袋を履いて、それでも
指に刺さるときもあり、注意しながら、手提げの
缶に入れて、無用になったコンクリート枠に捨てる
このことを、夏休みの間日記に書いていた、
ということのようです。

特に意識はしていませんが、ただそうだったから、
それ以上もそれ以外のことも、日記に書けなかった、
ということだとは思います。

今般の広島や岡山あるいは愛媛などで被災した方も、
きっと同じようなことを思い、それでも前に向いて
御苦労をされていることと思います。
自然の怖さには抵抗もできず、無力なことを
思い知らされます。

ところで、そんな日記を書いていた私ですが、
その当時、きっと台風はその中心にミサイル
みたいなものを打ち込んで一瞬で爆破できる
ようになると心の中で信じていましたが、
いまだ、そのようなことはないですね。

天災は忘れたころにやってくる。
台風にもあった、地震にもあった。
これからの人生に、まだ出会うものがあるのか。
わからないけど、忘れたころに来るのかな。

皆さん、最新の情報を入手して、適切な判断を。

特に、農業施設を持つ方は暴風の中見回りしたり、
ましてや杭を打ったり、板を当てたり、それはもう
すでに遅いですからね。命を守ってくださいね。
川の水位を見に行くなど無理をしないでくださいね。

被害なく、台風が過ぎ去ることを祈ります。

以上、号外でした。

by tm3381 | 2018-07-27 21:30 | Comments(0)

Domino2025

こんにちは これからの農業のスタイル に
ご訪問くださいましてありがとうございます。

********************************
これ実は7月3日に行われたイベントです。
(もっと早く出さないと・・・)
Domino2025_b0391989_19482485.jpg













https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/0703-seminar/

これだけだと分かりにくいので・・・
もう少しわかりやすく書いてくださっています。

個人的に魅力的なのは、「LotusScriptも含むDomino
ネイティブアプリがそのままiPadで動く、・・・」と
いうことなので、この記事に同感です。
そうです。モバイルデバイスに対応したのが、ホットニュースなのです。

他にも(動画あります)
 ※こちらにはラスベガスでの実体験もあります。

も参考になります。

速く実感ができるといいなと思うこのごろです。
そのためにはIDボールドに対応しておかないと。


いいなあ、このフレーズ。

   今以上これ以上愛されるの?

では また





by tm3381 | 2018-07-24 11:44 | Comments(0)