GAP

Transition 30.06.03 指標に基づく水の使用量の評価

新潟2㎞」・・・
新潟には何度も足を運んでいて、新潟駅北側が万代口、それからやや湾曲して北西向きに道が続きますが、信濃川の萬代橋を渡り、古くからの繁華街の古町、このあたりは今は道路やアーケードになっていて、古くは堀が張り巡らされていたと聞きました。そして、このあたりまでが、新潟2kmの範囲になるようです。
Transition 30.06.03 指標に基づく水の使用量の評価_b0391989_19522955.jpg
駅前から、古町までは歩ける距離で、かかる時間は約30分。萬代橋から見る夕日がきれいだったと思いだします。
そして商店街は、水島新司作の野球漫画に出てくるキャラクタが青銅?製の像になっています。中でも、明訓高校ドカベンのバットがうなるヒトこまを表した、その像が店の前にあるのが、新潟に行くたびに無理を言って立ち寄っていただいて買って帰るカステラ屋さん(はり糸 本店)です。
Transition 30.06.03 指標に基づく水の使用量の評価_b0391989_20094571.jpeg
今のところ、自分としては一番好きなカステラですね(もちろん日本の全て味比べはしてませんが)。
新潟駅の周辺は、おそらく他の日本の駅とは違って、とにかく学生さんがいっぱいのときがあります。専門学校が日本一多いと聞きました。登下校時間に移動時刻が重なってしまうと、かき分けて進むのが大変な時もあります。
その方々に新潟に就職してもらおうというのがこの作戦なのでしょう。雪も少ない街ですので、きっと住みやすいのではないかと勝手に思っていますが、駅の周辺も見違えるようになって、そう、ノドグロもおいしいですよ。ああ、それと、いつか佐渡に行ってみたい・・・

--------------------------------------------------すてきな農業のスタイル にようこそ
GLOBALG.A.P.V6:2024.1.1からの改定 での、認証機関から暫定的な日本語チェックリストの元文書? DocumentCenter(23.10.26) で、キーワード検索・・・「Transition Tool IFA」で得られるリストから、Transition Tool IFA V5.2 to IFA V6 Smart(no macros)の内容を考察してみましょう。

過去記事(23.2.18)30.06 灌漑予測と記録管理
v5.2:同等のものはありません

監査方法と正当化ガイドライン(IFA v6Smart)
(審査側)
記録を確認します。 FV-Smart 30.06.02 と照合します。
-------------------------------
(生産者)(記載なし)
原則には以下のようにあります。
水の管理は測定指標で裏付けられている。

日本での農業生産で水量の問題は、天候による渇水が最も懸念されることです。時々、用水施設の故障やメンテナンス不備での機能不全で、水田などに障害が発生することもありますが、これも生産者自身の管理の範疇を超えています。

結果的に、普段の生産(栽培)で、水の問題はほとんど起こらない、ともいえますし、生産者にもさほどの自覚もないでしょう。冬山に雪が少ないことで、春の水に影響が出るかもしれない、というのは東北の生産者ではよく聞かれることです。

よって、自分たちが利用する水は当たり前のようにある、というのが慣例となっています。ただ、近年の異常気象などで、その年々の振れ幅が大きくなっているようにも思います。何とかしたいということはあっても、これがなかなか対策、というところまで、一歩踏み出せない、というのも実態でしょう。

ダムをつくればよい、という単純な対応はすぐに間に合わないし、そのような条件が整っているところの開発はすでに終わっているといえます。では、生産者は神頼みで災いを避けるだけでしょうか。
そのような場合に備えて、有効に利用できるようにしておく、というのはリスクの低減になりそうです。

限られた水をどのように分配するのか、というのは、その地域での取り組みとして有効な考え方になるかもしれません。

いろいろな背景があるかもしれませんが、この原則では、生産者は指標を以て、水の使用量についての意識を持つことが要求です。
勿論、そのためには、ひとつ前の原則であった、PDCAサイクルが機能していることであり、それにこの指標の概念を入れましょう、ということになります。

最適化 であったり、適正な である文言は、この指標を用いて評価することで、簡単に客観性を以て判断できます。自然環境に基づき、社会への食糧供給という観点での、需要者への説明という一つの観点であるといえます。


過去の考察(原則と基準)から変更されている内容についてはこの記事で補足をしております。

参考:V6 ガイドライン (1)(2)
参考:(GHP)食品衛生の一般原則 2020(ファン限定公開中)
農場経営にGAPを導入する こちら 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ヘッダー記事移動場所)

更新を通知する 設定解除もできます
注意書きは こちら    ---END sutekina

by tm3381 | 2024-02-27 06:15 | GAP | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ