⑤a 7.2.4 仕入先・サービス提供者との取引

 こんにちは 
すてきな農業のスタイル にようこそ

--------------------------------------------------
この管理点のためには、前段の仕入品やサービスに
関する仕様やその仕入先や提供者が適切な状態に
なっていることが必要になります。
とはいっても、今から農業を始めるわけではないの
で、すでに取引のある仕入先とのやり取りについて
初回は現状把握をしてみましょう、ということに
なると思います。

新たに必要になる資材などが出てきたら、この前段
の管理点である、
で考察した手順に基づいて、取り組んでいただけれ
ばと思います。

では、要求事項を見てみましょう。

(1) 仕入先・サービス提供者との取引では、管理点7.2.3の仕様であるか確認し、必要に応じて分析し、その納品書等を保管している。
(2) 管理点7.2.2(2)で選定されなかった仕入先・サービス提供者と取引していない。

要求事項自体は当たり前のことを文言表記している
のですが、運用自体はその評価を受けれる状態になっ
ているかどうかは、見直しが必要になるかもしれません。
⑤a 7.2.4 仕入先・サービス提供者との取引_b0391989_08571359.jpg
さて、経営していて、すでに取引がある場合ですが、
どのような対応が必要でしょうか?
前提となる管理点も含めて必要な事項をピックアップ
してみたいと思います。(a・bの場合はOR条件)

1.以下のものをリストアップする。
 ・農場が必要とするもの
 ・農場以外から調達しなければならないもの
2.評価をするべきものかどうかを判断する。
  ひとつの観点は、「農産物の安全」です。
 [解説] 国内で一般的に流通するものであれば、
    評価自体を省略してよいものを特定して、
    その理由・根拠を付記する。
 <事例>電気、ガス、燃料類、農薬、肥料等
 ※ちなみにここでの事例としたものは除外して
  よいものだと思います。審査で指摘はあると
  思いますが、根拠さてしっかり記載あれば。
3.(評価すべきもの)要求仕様を定める。
 (a) 一つ一つに条件を定める。
 (b) ひとつの特定の商品を基準とする。
4.(同)仕様に対する確認方法や基準を定める。
 ・どのような確認方法か
 ・その結果と比較する基準はどのような値か
5.評価し、判定する仕組みを作る。
 [解説] 書式を定める。
   (1)対象品の情報(名称・規格・製造者等)
   (2)対象品の用途
   (3)使用する効果
   (4)食品安全上の留意点
   (5)仕入先
   (6)取引条件・支払条件
   (7)評価方法とその基準
   (8)納品時の確認手順及び確認内容
   これらを記載して、評価を受ける承諾を得る。
   評価を行い、
   (9)評価結果(新規仕入先の判定を含む)
   (10)決済結果(否決・可決・再評価等)
6.判定結果の反映を行う。
 ・対象品を購入リストに追記する。
 ・(新規仕入先)仕入先リストに追記する。
7.取引における確認方法や基準を定める。
 <事例>目視で商品名や販売者等を確認する。
8.購入先リストから注文・購入する。
  <事例>成績書や証明書添付の要求コメント
9.納品受領時の確認を実施する。
 [解説]単に納品書とモノを受け取ることだけでは
    ないこともあることの周知、及び、予め
    定めた確認の実行記録を残す。
  <事例>納品書に、商品名と販売者を確認、
    又は、成績書添付受領 や、日付やサイン
    を追記する。
以上で、管理点7.2.2, 7.2.3, 7.2.4 に関する要求
事項に不足するのは、仕入先・サービス提供者の
モニタリングのみとなる。

モニタリングについては、食品の安全性の観点では
評価することは不可能に近い。
モノの評価は、そのモノを選定するときにしている
だけであって、取引ごとに行うものばかりではない
し、むしろ取引頻度からいって、消耗品に相当する
モノがほとんどになる。

よって、モニタリングは、取引ごとの状況やその
モノを使用する段階での、日常の報告の中から見出す
ことになるだろう。つまり、そのような気付きを文字
にすることを作業者に要請し、責任者がまとめる活動
をすることである。そして、それを最低でも一年に
一回責任者はまとめてみる、という活動が必要だろう。

これらの活動を文書としてまとめなさい、ということ
は管理点7.2.2(1)に「手順を文書化している」という
文言表記で要求されている。
このような責任者の活動が、モニタリングとして、
上記に続いて、10.モニタリング活動 となる。

関連


初回審査や、維持・更新審査などでお困りの方、
ご相談やお問い合わせは こちら から
 (J・A・G)GAP
更新を通知する 設定解除もできます
注意書きは こちら


by tm3381 | 2020-01-22 06:18 | GAP | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ