手洗い用の洗浄剤、どんなものを使っていますか。

 こんにちは 
すてきな農業のスタイル にようこそ
どのようにしてGAP認証農産物できたのか・・・
--------------------------------------------------
タイトルにあるように、手洗いの洗浄剤ですが、どの
ようなものを使用していますか?

GAPに取組むと、洗浄効果の高い方が良い、という
ように考えがちです。が・・・

皆さんに共通する観点で記載します。
 ・洗浄剤で食品安全危害の低減はできません。
 ・暗黙的にならず、科学的データを重視する。
 ・環境負荷の少ないものを使用しましょう。

手洗いに使用するものとして、とりあえず良いのは
「(固形)石鹸」です。
何故か、保健所としても否定ができないこと、
    過去の使用履歴が長いこと
になります。

その事例は以下のようなものがあります。
よって、合成洗剤がダメであるということではありま
せん。石鹸であるべきだということでもありません。

「食品安全上問題のないもの」とはどのようなもので
しょうか。
それは、洗浄剤が食品扱いであったり、食品添加物で
あってその使用基準に遵守している場合です

それ以外のものには、食品添加物ではない医薬部外品
であったり、単なる洗浄剤などです。

これらの違いには価格の違いもありますが、食品安全
という観点で製造者が確認しているという意味合いも
ありそうです。

ちなみに、中性洗剤はどうなるでしょうか。
中性洗剤で、
 酵素や漂白剤は含んでいない
 香料も含んでいない
 食品衛生法施行規則に定めるもの以外の
  ものを使用していない
ようなものは、食品衛生法で容認されています。
ただし、濯ぎ洗い必要ですよ。
手洗い用の洗浄剤、どんなものを使っていますか。_b0391989_07355563.jpg
洗浄剤は以上の通りですが、消毒剤的な効果は
残念ですがほとんどありません。
手洗いなどで、手指のふき取り検査をしたとき、
これは、手指の凹凸にあるものが浮き出してきた
結果、その数自体が増えてしまうことによります。

固形石鹸を使用するのは洗浄の目的です。
末尾のように誤解して、石鹸≒細菌除去と思われて
いる場合がありますが、それは過剰な期待です。
逆に、汚染源になるようなことではダメですね。
散見されるのが、手洗い設備がきれいでないこと。
全体的な清潔感の不備は手洗いを損ねます。


次に、消毒剤が用いられることがあります。
ところが、この消毒剤は食品添加物であるとは
限りません。巷には、本当にたくさんの消毒剤が
溢れています。農場の管理者は、単に、消毒剤で
あるから大丈夫である、という認識を持っては
なりません。

上述のように洗浄剤と同じく、あるいはそれ以上
に、薬剤に対する理解が必要であり、作業者が
香りが良いから、というような観点で選択した
薬剤を農場に持ち込むことがあってはなりません。

このような理解が必要な薬剤と、掃除道具を
同じような観点で、「管理する」ことを要求して
いると誤解してはいけません。
管理点18.4は留意が必要です。

タイトルにあるように、手洗い用の洗浄剤、
どのようなものを使うべきかは農場できちんと
定めて、購入、保管、使用するというように
するようにしてください。

手洗い石けん液 (サラヤ)
※固形石鹸より液体せっけんとありますが、
 これは食品加工工場の事例です。
 一般的な農業では固形でも構わないでしょう。

参考

管理点一覧は こちら 
ではまた

更新を通知する 設定解除もできます
注意書きは こちら


by tm3381 | 2019-10-09 06:16 | GAP | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ