④ CB 8 機器

 こんにちは 
すてきな農業のスタイル にようこそ
どのようにしてGAP認証農産物できたのか・・・
--------------------------------------------------
Global G.A.P. での管理点の紹介です。

jGAPでは、管理点18.2 検査機器・測定機器・選別装置及びその標準の管理 に相当する管理点となる。

ここでは適合基準の解説はここに行うとして、管理点に関することと、適合基準に別紙参照として記載されている内容を紹介しましょう。

CB 8 機器
CB 8.1
食品安全に影響しうる機器(例えば防除機、灌漑/滴下施肥システム、ポストハーベスト処理機器)は良好な状態を維持し、定期的に検証を行い、当てはまる場合には最低年回の較正を実施していますか。過去12ヶ月間のこれらの記録がありますか。

CB 8.2
環境の影響によって誤差を生じやすい機器、およびその他の農作業で使用する機器(たとえば、肥料散布機、計量器や温度計)を定期的に検証し、当てはまる場合、年1回の較正を行っていますか。

CB 8.3
可能な場合、生産者は第三者による較正認証制度に参加していますか。

CB 8.4
生産物を汚染しないような方法で防除機を保管していますか。

1.まず、どのような機器類を対象としているか
(1) 食品安全に影響する機器
(2) 環境の影響によって誤差を生じやすい機器
(3) 農作業で使用する機器
(4) 特に防除機
これらに対して管理としてのどのような行動が必要か
(a) 良好な状態を維持
(b) 較正(年1回)
(c) 検証
(d) 保管

④ CB 8 機器_b0391989_21200737.jpg
④ CB 8 機器_b0391989_21193697.jpg
2.文言の意味
較正(calibration):その計量器の表示する物象の状態の量と(中略)標準となる特定の物象の状態の量との差を測定することをいう。
ただし、その差を最小とするための調整は含んでいない(同法第2条第7項)。
そして、calibration の意味には、「調整」(アジャスティング: adjusting)を含むことが多い。

Q1. 定期的な計測器の確認において、校正・検証・調整の違いがよく分からないのですが。
A1. 「校正」とは基準とする計量器と比較して(被校正対象である)計量器の指示値がどの程度ずれているか確認することであり、その信頼性を表す尺度として不確かさが明示されます。
「検証」とは基準とする計量器とのずれが例えばJIS規格などの規定された範囲内にあるかを確認することで、通常、合格又は不合格をいう判定がなされます。
「調整」とは、校正や検証の結果、基準とする計量器とのずれが大きい場合に所定の指示値を示すよう計量器に調整を施すことをいいます。

なお、TS Z 0032:2012(ISO/IEC GUIDE99 :2007)では、次のように定義されています。

校正(calibration)
指定の条件下において、第一段階で、測定標準によって提供される測定不確かさを伴う量の値と、付随した測定不確かさを伴う当該の指示値との関係を確立し、第二段階で、この情報を用いて指示値から測定結果を得るための関係を確立する操作。
検証(verification)
与えられたアイテムが規定された要求事項を満たしているという客観的証拠の掲示
例1 対象とする任意の標準物質が、当該の量の値及び測定手順に対して、質量10mgの測定試料まで均質であることの確認
例2 測定システムが性能特性又は法的要求事項を満たしていることの確認
例3 目標測定不確かさを満たすことができることの確認
調整(adjustment)
測定しようとする任意の量の値に対応して所定の指示値を示すように、測定システムに施す一連の操作
引用:https://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/techno_infra/keiryouFAQ-Z.html (産業技術環境局 計量行政室)


参考
取引証明用の秤とは(A&D)


CB 8.1 の適合基準で、防除用機械における、良好な状態を維持するための検証などにおけるガイドラインとして以下の参照が示唆されている。
別紙 CB 6 ガイドライン
  散布機器の目視検査と機能テスト
  1. ポンプ、散布液タンク(カバーを閉めた状態)、パイプ、ホース、フィルターからの漏れがあってはならない。
  2. 計量機器、スイッチの入・切、圧力調整および/または吐出量調整装置の作動が正確で、漏れがない。
  3. ノズルは、農薬及び特定防除資材を適切に散布するのにふさわしいものでなければならない。全てのノズルが同じ(種類、サイズ、素材と製造者)で、噴霧の形が均一(例えば均一な形、均質な噴霧)で、スイッチを切った後ノズルから薬液が滴ってはならない。
  4. 機器(スプレイヤー)のパーツ、例えばノズルホルダー/キャリアー、フィルターブロワ―などの状態が良好で、正確に作動すること。
 出典:『農業機械 - 散布用機械:使用時の検査 - パート1:圃場用スプレイヤー』
     DIN EN 13970-1:2004 を基とする。


JGAP管理点一覧は こちら 
ではまた

更新を通知する 設定解除もできます
注意書きは こちら


by tm3381 | 2019-09-24 06:17 | GAP | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ