食中毒、間違わない対策??

 こんにちは 
すてきな農業のスタイル にようこそ
どのようにしてGAP認証農産物できたのか・・・
--------------------------------------------------
食中毒、間違わない対策??_b0391989_09154596.jpg
みんさんもいろいろな施設に訪れたとき、入り口に
手指用のスプレー剤があるのはご存知ですね。
個人的にはあまり使いませんが、そしてあまり使って
いるのも見ないのですが、あれば万能ではありません。

4.(ノロ)ウィルスに効果のあるのは

だから使わない、あるいは使わないほうが良い、と
いうことを言いたいのではありません。
やはり、その目的に応じた使い方が必要です。

そして、もっと重要なのは、そもそも汚れた手は、
「洗う」というのが基本ですね。
汚れが付着していると、その汚れに対しても、例えば
アルコール消毒剤も消費されてしまいます。
すると、当然効果はなくなることもあります。

これが万能ではないということのひとつです。
そして、もうひとつは、アルコールはそもそも、その
効果として、ウィルスには効かないのですね。
ウィルスと細菌は、生きている仕組みが違う、という
ことです。

この事例では食中毒のことではなく、ノロウィルスの
ことなのですね、アルコールの効果がないというのは

ですから、細菌類に対してなら、特に大腸菌や黄色
ブドウ球菌など人に由来するような場合には効果が
ありますね。

それでもやはり重要なのは、そもそもの手洗いです。
手洗いもなかなか奥が深いのもご存知でしょうか。

手のひらや手の甲、指などは洗っているでしょう。
手の甲側の親指の付け根、手の腹(普段あまり見え
ないところですが、小指の付け根あたりの手の裏側
になるような場所、テーブルに手を置いたらテーブル
に当たるところ)、そして、手首です。

5.アニサキス
(要注意:画像つきです)

ここでの注意は、
 ・食酢くらいの程度では死なないよ
 ・一晩くらいの冷凍では死なないよ
と、いうことです。

発見して取り除く、ということも対策としてはあり
でしょう。
紫外線を当てると、発見しやすいのですが、紫外線が
ないですね。
お刺身で食べたいときは、お店の信頼感もありますが
探してみるくらい、よく見てみましょう。

ただ、アニサキスで死ぬことはないでしょうけどね。

アニサキス幼虫


関連記事
ではまた

この記事の更新のお知らせを受け取りたい方は下の
ボタンをクリックしてください。
このボタンをクリックすると設定解除できます。
更新を通知する
--------------------------------------------------

尚、このサイトの掲載内容は私自身の見解であり、

日本GAP協会などの機関とは全く関係はありません。

また、GAPに関するビジネスに利害を及ぼすために

記載している訳ではありません。


ここに記載されている内容は、私自身の経験からの

記載であり、内容が正確でない場合もあることを

ご理解の上、ご利用願います。


もしよろしければ、ご意見などご一報ください。

by tm3381 | 2019-06-30 06:17 | 暮らし | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ