GAP認証は、わが農産物ブランド

 こんにちは 
すてきな農業のスタイル にようこそ
どのようにしてGAP認証農産物できたのか・・・
--------------------------------------------------
GAPを取入れて、農場管理の仕組みを作り、
それの実践をスタートし、3ヶ月以上を経過して、
初回審査を受けて、(不適合に対する是正をして)
認証機関により認証を受けば、農場は認証農場だ

ブランドと言えば・・・
ジャパンブランド(JAPANブランド)
GAP認証は、わが農産物ブランド_b0391989_21062198.jpg
当初は、
「“食と農”に勝機あり」
「“日本式”生活インフラを輸出せよ」
目的:食や観光、日本産品など「ジャパンブランド」
  全般に関する海外消費者の意識と実態を把握する
増えている関心
 「こだわりがある」「他にはない(Only one)」
使ってみたいのは
 「健康食品・飲料」「化粧品」「医薬品」
ということのようです。

ブランドにはどんな意味があるか
 同類のものと区別するためのあらゆる概念
 そして、消費者の中で出来上がるイメージ総体
とある。

農産物ブランドとして、GAPが位置することが
出来そうなのは、認証農場の農産物であること、
になるでしょう。

これなら、JAPANブランドのひとつとして、
ひとつの位置づけができそうでしょうか。

類似のものと区別して、何かのイメージを醸し出す
ことはできるかもしれない、できないかもしれない。
これは農家が考えること。

JGAPでは、農産物にGAP認証マークを使用する
ことは可能である。ASIAGAPはやがて使用でき
なくなるだろう。

しかし、スキームオーナーである日本GAP協会は、
認証マークをブランド化に使用することを良しとは
していない。
例えば、認証農場の山田錦を使用して醸造した清酒は
ひとつのブランドになるかもしれない。しかし、山田
錦自体には、認証マークをつけてブランド化する、と
いうことを意図して、GAPスキームを設計してない
し、普及活動もしていないのである。

そのイメージがこちら
GAP認証は、わが農産物ブランド_b0391989_21140743.jpg
誤解しないように少し。
JGAPが左右にあるが、これは土台となる濃黄色の
バーの全体を示すものです。


ではまた

この記事の更新のお知らせを受け取りたい方は下の
ボタンをクリックしてください。
このボタンをクリックすると設定解除できます。
更新を通知する
--------------------------------------------------

尚、このサイトの掲載内容は私自身の見解であり、

日本GAP協会などの機関とは全く関係はありません。

また、GAPに関するビジネスに利害を及ぼすために

記載している訳ではありません。


ここに記載されている内容は、私自身の経験からの

記載であり、内容が正確でない場合もあることを

ご理解の上、ご利用願います。


もしよろしければ、ご意見などご一報ください。

by tm3381 | 2019-06-15 06:05 | GAP | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ