人気ブログランキング |

カテゴリ(1) 農場運営

 こんにちは 
すてきな農業のスタイル にようこそ
どのようにしてGAP認証農産物できたのか・・・
--------------------------------------------------
GAP、農業の、あるいは農場の持続可能性に向けた
この5つは、基準書の、1.はじめに の項に記載が
ある。そこには、下記の項目に関する適切な農場管理
であり、その実践について示している、とある。
 〇 農場運営

農場運営以外は、リンク先にある通り、すでに記事に
してきた。

今回は、「農場運営」についてである。
そして、これらの集大成がGAPなのだ、という
説明でもあるが。さて、どうだろう
農場運営とはどのようなことであろうか。
基礎研修では、その説明をしているページはない。

運営は、組織及び経営者の活動である。
この活動を取組みという。
そしてこの取組みという活動を支えるのが、組織で
あり、その組織の目標は、農場の方針が基礎になる。

結果的に、経営者の思想や方針が組織の活動を支え、
組織のマネジメント機能が潤滑油のように連携して
それぞれの部門の機能が整合性をもって動くことで
ある。
そしてこの動きを記録として残し、それを評価して、
継続性のある改善活動につなげる力、責任者の力量が
試されることになる。

このような全体的な、かつ一連の、途切れのない動き
これを、持続していく仕組みがなければ、どこかに
途切れや欠落等が発生し、えてしてそれらは想定も
していない危機を招くことになる。
このような観点が、「農場運営」の観点になるだろう。

これらのことは、往々にして人の資質のこと、となり
やすいことであり、そこで、基礎研修では深入りを
しないで、受講生の方の管理点と適合基準の学びから
くみ取る資質に期待しているようにも見受けれらる。

人で構成するのが組織、組織が支える農場運営、その
行き先は経営者が定める経営方針
そしてGAPの理念にある、農産物の安全、地球環境
の保全、及び、持続的な農場経営
ガバナンス、コンプライアンス、アカウンタビリティ
b0391989_21575061.jpg
農場運営における、こんな透明性かも・・・


ところで、GAPの和訳も、そしてその定義も様々で
皆さんの頭を悩ますこと。

まず、農水省。
和訳:農業生産工程管理
   良い農業のやり方 というのはH25まで

定義:
H31)
 食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を
 確保するための生産工程管理の取組のこと
 (結果として)
  持続可能性の確保、競争力の強化、品質の向上、
  農業経営の改善や効率化に資するとともに、
  消費者や実需者の信頼の確保が期待される
H27)
 農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に
 則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動
 の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行う
 ことによる持続的な改善活動のこと
 
そして、FAO(国連食糧農業機関)
定義:
 農業生産の環境的、経済的及び社会的な持続性に
 向けた取組であり、結果として安全で品質の良い
 食用及び非食用の農産物をもたらすものである

やるべきことは、
・食品安全の確保
・法令遵守
・継続的な改善活動
である。
管理的側面でいえば、
・生産管理
である。
品質管理でも、販売管理でもない、とは言っては
いないが、含めるとも言っていない。

どのようにイメージするか、このブログも
そのためにあるといってもよい。

実施することに意味があり、それを取組みという。
実施は、5W1Hである。
いつ、だれが、どこで、何を、どのように・・・
 費用対効果
「何故」それが必要か、これが最も重要だろう。

これら、過去は記録で、未来はスケジュールで。

b0391989_21594139.jpg
ではまた

この記事の更新のお知らせを受け取りたい方は下の
ボタンをクリックしてください。
このボタンをクリックすると設定解除できます。
更新を通知する
--------------------------------------------------

尚、このサイトの掲載内容は私自身の見解であり、

日本GAP協会などの機関とは全く関係はありません。

また、GAPに関するビジネスに利害を及ぼすために

記載している訳ではありません。


ここに記載されている内容は、私自身の経験からの

記載であり、内容が正確でない場合もあることを

ご理解の上、ご利用願います。


もしよろしければ、ご意見などご一報ください。

by tm3381 | 2019-05-13 06:19 | GAP | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ