農業のHACCPベースにおけるPRP

 こんにちは 
すてきな農業のスタイル にようこそ
どのようにしてGAP認証農産物できたのか・・・
--------------------------------------------------
HACCPの過去の経緯は別にして、現在では、
コーデックスの「食品衛生の一般原則」の大枠の
なかに、PRPとHACCPが含まれるような、
そんな体系になっている。
(厳密には微妙に違うが大凡ということで)

PRPとは、前提条件プログラムのことであるが、
食品加工と農場管理では、文言表記が異なる。
そこで、その関連性を明らかにしておき、その
項目について、解説していきたい。

コーデックス
1. 施設設備の要件
2. 原材料の取扱い
3. 食品、容器包装の取扱い
4. 使用水の衛生管理
5. 施設設備・機械器具の保守・衛生管理
6. 有害小動物の管理
7. 食品の廃棄物の取扱い
8. 従業員(来訪者を含む)の健康及び衛生
9. 流通時の管理
10. トレーニング

そして、この英語表記が
 Prerequisite Programme
であり、省略形として、PP又はPRPとされる。
その日本語翻訳は
 一般的衛生管理プログラム
であるとされ、その説明には、
 HACCPシステムを効果的に機能させるため
 の前提条件プログラム
であるとされている。

1. 圃場及び施設の立地並びに構造 (17.8/10/11)
2. 施設内のレイアウト (17.7)
3. 水、土(培地を含む)、空気、エネルギー等
  (16.1, 15.1, 19.1)
4. 廃棄物及び廃水の管理 (16.3, 20.1)
5. 機械・設備・器具等の適切性並びに清掃・洗浄、
  保守及び予防保全のしやすさ (18.x)
6. 購入資材(種苗、農薬、肥料、その他の農業資材、
  包蔵資材等)の管理 (23.x, 24.x, 25.x, 18.3)
7. 農産物の取扱い(保管、輸送を含む)(17.4, 18.1)
8. 交差汚染の予防 (17.5/6)
9. 汚染と清掃・洗浄及び殺菌・消毒
  (13.3.1/2, 18.1, 20.3)
10. 有害生物の侵入防止及び防除 (17.1)
11. 要員及び訪問者の衛生 (13.1/2)

そして、前提条件プログラムの説明として、
 安全な商品及び人の消費にとって安全な食品の
 生産、取扱い及び提供に適したフードチェーン
 全体の衛生環境の維持に必要な基本的条件及び
 活動 (ISO22000:2005)
とある。

なお、一般的衛生管理プログラムの位置づけは上記
にある通りであるが、その必要性としては・・・
 HACCPシステムは、それ単独で機能するもの
 ではなく、包括的な衛生管理システムの一部で
 あり、HACCPシステムを効果的に機能させる
 ためには、その前提条件となる一般的衛生管理プ
 ログラムの実施が必要である。
とされている。

日本における一般的衛生管理プログラムとは・・・
食品衛生法
 ・第51条 施設基準 営業施設の業種別基準
 ・第50条2項 管理運営基準
   施設の内外の清潔保持、ねずみ、昆虫等の
   駆除その他公衆衛生上講ずべき措置に関する
   必要な基準
農業のHACCPベースにおけるPRP_b0391989_09064135.jpg
資料1

資料2

資料2にある、農業に関係する箇所には、
 第1 農林水産物の採取における衛生管理 食用に
    供する農林水産物の採取にあたっては、
    次の管理を行うこと。
  (1) じん埃、土壌又は汚水による汚染防止を
     図るほか、廃棄物、有毒物質等を適切に
     管理することにより、農薬、動物用医薬品
     飼料、肥料、糞便等からの汚染を防止する
     こと。
  (2) 食用として明らかに適さない物は、分別
     すること。
  (3) 廃棄物(排水を含む。)は、衛生上支障が
     ない方法で処理すること。
  (4) 採取、保管及び輸送にあっては、そ族、
     昆虫、化学物質、異物(人に悪影響を及ぼ
     しうるガラス及び金属片等。)、
     微生物等による汚染防止を図ること。
  (5) 温度、湿度管理その他必要な措置を通じて
     食品の腐敗、変敗等を防止すること。
  (6) 施設は清掃及び適切な補修により清潔かつ
     適切に維持管理されていること。
  (7) 食用に供する農林水産物の取扱者の衛生
     管理が行われていること。
  (8) 洗浄等に使用する水は、微生物的及び
     化学的に用途に適した水を使用すること。
とある。

本ブログの記事としては以下のようになる。

ではまた
--------------------------------------------------

尚、このサイトの掲載内容は私自身の見解であり、

日本GAP協会などの機関とは全く関係はありません。

また、GAPに関するビジネスに利害を及ぼすために

記載している訳ではありません。


ここに記載されている内容は、私自身の経験からの

記載であり、内容が正確でない場合もあることを

ご理解の上、ご利用願います。


もしよろしければ、ご意見などご一報ください。

by tm3381 | 2019-02-23 06:13 | GAP | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ