ビジネスホテルに植物工場が

 こんにちは 
すてきな農業のスタイル にようこそ

**********************************
ビジネスホテルとしましたが、実はアパホテル
先日は徳島県にお世話になりました。

そこで、一泊ですが、お世話になったのがここです。
チェックインするときにも気づいていたのですが、
遅かったこともあり、翌朝の楽しみに。

朝食を試しました。
(ビュッフェスタイルで写真はありません)
かわいいレタスのちぎられた葉っぱたち。
キャベツの千切りと合わせて、サラダで頂きました
実はカレーもあったの少し合わせて・・・

プリンは数量限定でした。なかなかおいしかった。
そんな朝食風景でしたが、玄関先で栽培中のレタス
写真をいただきました。
b0391989_20352720.jpg

さすがにスペースの問題がありますが、元気に
育っていますよね。
先ほど頂いたのは、この下段右側のものでしょう。

この日はお天気も良かったので、付近の栽培中の
お野菜たちの状態を写真に収めました。

カリフラワー
まだ抽苔しておりませんが、1月くらいでしょうかね。
カリフラワーらしくなるのは。
またその頃にもここに来るので、確かめましょう。
b0391989_20381938.jpg

キャベツ
定植が終わったところですね。
来年の春先頃でしょうか。収穫はある程度の期間が
見込めるので、みんな同じ大きさですね。
b0391989_20384080.jpg

ほうれん草
前の二つとの違いがあります。
ほうれん草の収穫期は短い。そこでどうするか、
種をまく時期をずらします。
恐らく2列づつ、一週間くらい開けて播種した?
のかな、と思います。
こうすることで、毎日少しずつぬきとって収穫
そうするとこの畑で一ヶ月は収穫できる。
農家ってこんなことを考えています。
b0391989_20390293.jpg

そして、今日お世話になるハウスのある農場です。
b0391989_20455762.jpg
近寄り過ぎで一枚に入りませんでした。
b0391989_20470718.jpg
5連棟ですが、約100メートルあります。
なかには自動の搬送車が走っているのです。
線の上だけをなぞって走るルンバのような
感じでしょうか。
収穫したトマトをボタンを押すだけで、自動で
取扱い施設まで運びます。

勿論、ハウス内には凸凹はありません。
防草シートが貼ってあり、雑草もありません。
ほとんど土に触れることなく、作業が進みます。
こうすることで、ご家庭の主婦の方でも働くことが
出来るような仕組みを整えている。

後から出来ないんですよね、こういった仕組みは。
仕組みを作ることは、運営の前提ですね。

ではまた

[PR]
by tm3381 | 2018-11-23 06:17 | 旅物語 | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ