労働者とは、そして使用者 (アッシー)

 こんにちは 
すてきな農業のスタイル にようこそ

GAPに取組む農場の方が日常に行うことや、
農産物を購入する方に、GAP認証農産物が
どのようにしてできたのか、といったことを
お伝えできればと思います。

**********************************
「労働者」とは、
労働基準法第9条 (定義)には、
 この法律で「労働者」とは、職業の種類を問わず、
 事業又は事務所(以下「事業」という。)に使用され
 る者で、賃金を支払われる者をいう。
とある。
b0391989_09362099.jpeg
甘エビを船からポンプで陸揚げ、選別中です。

また、労働保険事務組合としてのパンフレット
にも、区分ごとのそれぞれの保険での適用を示して
いるようです。

そして、最高裁の判例など、何を以て労働者とする、
あるいは見做すかということについては、曖昧な点が
あるということを先に示しておきます。
 労働基準法と労働組合法の関係
 諸外国での認識の相違点など

一方、労働者と対比する使用者について記載してある
のが こちら にあります。(以下は抜粋です)

使用者の定義
 「使用者とは、本法各条の義務についての履行の
 責任者をいい、その認定は、部長、課長等の形式に
 とらわれることなく各事業において、本法各条の
 義務について実質的に一定の権限を与えられている
 か否かによるが、かかる権限が与えられておらず、
 単に上司の命令の伝達者にすぎぬ場合は使用者と
 みなされない」とされています。
  (昭22.9.13発基17号)
したがって、労働者(労基法第9条)が同時にある事項
について権限と責任を持っている場合には、第10条
の使用者となることになります。


農場の責任者など、GAPでも責任者に関する管理点や
適合基準があります。これらの責任者は、使用者なの
でしょうか。
農場の運営については、まだ責任者は使用者に当たら
ないとして理解することでよいと思われます。
それは、雇用されているという前提のもと、さほどの
権限がなく、担当者的な責任を有していると思われる
状況が多いからです。
詳しくは、社労士や労基署に相談してみて下さい。

これらとは別に、労働基準法には、労働者はどうある
べきなのか、ということがさだめられています。
また、労働契約法には第3条(労働契約の原則)に、
 労働者及び使用者は、労働契約を遵守するととも
 に、信義に従い誠実に、権利を行使し、及び義務を
 履行しなければならない。(4項)
 労働者及び使用者は、労働契約に基づく権利の行使
 に当たっては、それを濫用することがあってはなら
 ない。(5項)
とあります。

労働者としては、労働条件は相互の合意事項ですが、
労使として契約締結後は、就業規則、業務規則などを
遵守するということですね。

そして、労使のコミュニケーションということが、
少なくとも使用者には要求されると思われますので、
労働者が要求などを我慢したりするようなことは、
あまり好ましくはないということだと思います。

ではまた

--------------------------------------------------

尚、このサイトの掲載内容は私自身の見解であり、

日本GAP協会などの機関とは全く関係はありません。

また、GAPに関するビジネスに利害を及ぼすために

記載している訳ではありません。


ここに記載されている内容は、私自身の経験からの

記載であり、内容が正確でない場合もあることを

ご理解の上、ご利用願います。


もしよろしければ、ご意見などご一報ください。

[PR]
by tm3381 | 2018-11-19 06:13 | GAP | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ