なっとく 逆算の考え方

 こんにちは 
すてきな農業のスタイル にようこそ

**********************************

心響日記 というメルマガを拝読しています。

先日こんなお話がありました。
もしかすると参考になるところもあるのではと思い、
意見として記事にさせていただきます。

なっとく 逆算の考え方_b0391989_11250468.jpg
(迷路図はお借りしました)


なるほどと思ったことは、逆算 ということ
人に、伝えること伝えたいこと、ブログも少なからず
このような側面があります。
特に一話完結の場合は、タイトルがものを言う、とは
想像できます。やはり、第一印象、見た目、一言目、
これだけで読もうと思うか、まあいいかと思うか。

つまり、タイトルに伝えたいことが書かれているか、
ということでしょうね。

そしてそこに至る話は、一つ一つのエピソード。
といってブログの場合はひとつだけになるでしょうが

ところでこのエピソード、この内容が読者の過去や
現在の位置との共通性、これが共感となる。

この共感から、タイトルにある、結果に行き着く。
それが、興味になる。期待になる。
そして、読みたくなる。
という流れでしょうね。

今はすでに遺物になっているのでしょうけど、
私が小学生の頃、知能指数テスト というものが
ありました。
面倒だなと思った、教えてもらってないようなこと
どうしてこんなことをしないといけないのか・・・

その中に、迷路の問題がいくつかあった。
入り口と出口が指定されている。
どちらかの壁をたどれば出ることはできる、こんな
ことを知ったのはもっとあとのこと。

子供心に、あっちにいったり、こっちにいったり、
面倒だな・・・って思っていた。
だからこの試験は好きではなかった。

何度かやるうちに子供の心が考えた。(のだろう)
出口から入口を探した。
それが功を奏した。
恐らく迷路を考えた方は入口から入ることで、出口が
見つけにくいように仕組んだのだろう。

これで、時間は半分くらいになったと思う。
この時間は他の問題に使うことができた。

これも、逆算の考え方だろうと、このように思った。

農業に置き換えると、意外と、どのような農産物を
生産するのですか? という質問で、この通りです
と答える方は少ないのです。
何となく、こんな感じ、という頭の中でのその人の
頭にある思い。
でも、それを人に伝えないと・・・
・お客様
・社員
・未来の人々
何で伝えるか、これを考えておくと良いですね。

多分、言響っていうのも、相手に響く言葉という
ことなのでしょうね。

まだまだだなあと、少し反省し、我も挑戦だなと。


ではまた

by tm3381 | 2018-09-11 05:51 | スタイル | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ