GAPに取組む を考察しよう(11)商品仕様書(1)

 こんにちは 
すてきな農業のスタイル にようこそ

GAPに取組む農場の方が日常に行うことや、
農産物を購入する方には、GAP認証農産物が
どのようにしてできたのか、といったことを
お伝えできればと思います。

**********************************
jGAPでは管理点になっていない商品仕様書
ですが、aGAPでは 5.3 商品仕様の明確化
という管理点があります。

書式までの規定はないのですが、項目は以下の
ように定まっており、文書化することが基準と
なります。

① 商品名または商品グループ名
② 意図した用途に適した品質のインプット(土・水・種苗・資材等)
③ 栽培方法・調製方法・出荷方法
④ 食品安全上の意図した用途・ユーザー
⑤ 農産物の食品安全危害要因に関する許容水準
(残留農薬、放射性物質、重金属類、微生物、異物等の公的な規格・基準または顧客要求等が明確な場合)
⑥ 保管条件・日持ち、配送条件
⑦ 表示内容


運用としては、いわゆる最新版に関すること
最新版とはなにか?
栽培年度に合わせて、見直しを行い確定する
その確定したものを最新版として文書にする
その文書の内容に相当する現場様式を掲示、
あるいは、ファイル保管する。
このように文書管理についての取組みがまだ
GAPでも管理点にないことは農場経営では
残念なことですね。

いずれにしても、現実に行われている様々な
作業は手順書に基づくか、周知されたスキルに
基き行われているでしょう。
しかし、この手順は目的の商品仕様に基づいて
いるはずですね。
手順書は改訂できますが、周知スキルの更新
これは教育訓練とその検証となります。

文書管理と教育訓練についてはここまでとして
項目の内容を見てみましょう。

ところで、商品(農産物)の規格仕様に関して
おそらく外部(市場など)からの要請がある、
と思います。農産物仕様を決定するためには
これらの要請事項をしっかりとまとめることが
重要です。


① 商品名または商品グループ名
何故、商品名と商品グループとなっているか
これは、仕様として明示する内容が共通になる
ような商品の場合は、グループとして設定し、
そのグループにはどの商品が範囲内であるのか
を明示することで、分書数を少なくし、また、
文書管理を容易にするという手法のためですね。
それから、一般的には、商品名はユーザー向で
決まるような場合もありますね。
後述の項番④とも関連付けて決めると良いと
思います。

② 意図した用途に適した品質のインプット
 (土・水・種苗・資材等)
商品品質という概念がないので、この”品質”は
主に用途に合わせて想定しておくべきですね。
これがないと、どのようなインプットを望むのか
ということが曖昧になります。
意図した用途というのは、④に食品安全上の
規定があります。が、それ以外の観点は農場で
独自に定めると、暗黙的に示唆されています。
・どのような土壌や培土を必要とするのか
・どのような水でないといけないのか
・どのような種苗を期待しているのか
・用いる(包装)資材にはどのような機能や
 品質が必要なのか

つまり、意図した用途と想定した農産物の品質、
これをまず決定すること、そして、
その品質を消費者に届けるまで維持できるような
機能を持つものを選択できるようにする
ということですね。

③ 栽培方法・調製方法・出荷方法
これらの方法については、この仕様書のなかに、
あれこれと書く必要はありません。
別の文書として、栽培、調整、出荷の方法を示す
文書を作成しておいて、その文書名(文書番号)
これをこの仕様書に記載するということですね。
つまり、商品仕様書の作成の前に、これらの方法
先に定めておく、ということですね。
また品質に関することだけではなく、数量的な
観点がありますので留意が必要です。

④ 食品安全上の意図した用途・ユーザー
上述のとおり、意図した用途と想定した農産物の
品質 に関する内容があれば、それを記載すると
良いと思います。
具体的に用途にどのような表現をするべきか、
ということになります。例えば、
 ・加熱調理して食する
 ・水洗して生食する
 ・水戻しして加熱調理する
 ・水洗して擂潰ジュースにして喫食する
というようなことでしょうか。
ユーザーとは、農産物を消費するユーザーです。
例えば、農産物を加工して、その製品を販売する
ことを想定しているような場合は、ユーザーは
この農産物加工業者になります。
つまり、最終の消費者ではありませんので、
注意が必要です。

(事例画像)
b0391989_12530649.jpg
残りは次回に

ではまた

--------------------------------------------------

尚、このサイトの掲載内容は私自身の見解であり、

日本GAP協会などの機関とは全く関係はありません。

また、GAPに関するビジネスに利害を及ぼすために

記載している訳ではありません。


ここに記載されている内容は、私自身の経験からの

記載であり、内容が正確でない場合もあることを

ご理解の上、ご利用願います。


もしよろしければ、ご意見などご一報ください。

[PR]
by tm3381 | 2018-09-05 06:17 | GAP | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ