ロードマップ 2018 初回審査編

こんにちは すてきな農業のスタイル に
ご訪問くださいましてありがとうございます。

GAPに取り組む農場の方が日常に行うこと、
野菜や果物の購入者の方にとっては、GAPでは
購入するものがどのようにしてできたのか、と
いったことを少しお伝えできればと思います。

**********************************

交差汚染で少し停滞していたのですが、ここら辺で
農場が初回認証の審査までに行うことを時系列に
して、ロードマップを作成してみました。

b0391989_20232175.jpg

JGAPのホームページにも同様のものがあります
 個人でJGAPに取り組む場合
この前段での宣言は、ボディブローになります。
経営者にとっては、ほぼ必須であると思います。

取組についてはここでもいくつか記事にしました。
これらと重なるところもありますが以下に全容を。

大まかには、
A.農場管理と現状認識、及びその差異の把握
B.リスク評価
C.教育訓練とその運用
D.自己点検
E.初回審査
という流れになろうかと思います。

もう少し詳しく書くと以下の通り。
==========================
A.農場管理と現状認識、及びその差異の把握
 1.現状認識
 2.現状認識との差異の理解
  ・管理点と適合基準
  ・農場としてのあるべき姿
 3.差異に対する対処のすべて
   留意点 食品安全 (交差汚染) 
   留意点 労働安全
   留意点 環境保全
 4.スケジュール・コストなど
 5.どのような農場にしたいか箇条書き
B.リスク評価
   ・・・年一回
C.教育訓練とその運用
 教育訓練 (検証後の、手順書・マニュアル
 ・帳票などの運用)
   ・・・3ヶ月程度の運用
D.自己点検
 自己点検 ・・・年一回
 是正対応
E.初回審査
 初回審査
==========================

ほぼ、この行数と相関して、時間がかかりますね。
最初は遅々として進まない。
基礎体力をつけるようなものですね。

このような事例が、先日の記事にある
ということだが、彼は何をしたか?
始めは、全ての部品を詳細調査した、とあります。
そしてそれから何を見出したか?
おそらく、作りたい自動車 という思いだったと。

私もこの捉え方はおそらく間違いないと思う。
リーダーが何を思い、それを誰にも分るような
形にして、それで教育訓練する。
教育訓練も、分る形にしたものも、どんどん
それが一つの目的に向かって形を変えていく。
そして、これを繰り返す。
PDCAはこういったところとも整合する。

まだこれを上回って、簡潔容易に運営を支える
そんな手法はないようだ。

勿論、上述以外の方法で、アプローチすること
それが間違っているいうわけではない。
其々の考え方で目標を目指すことは良いことだ
こんなところにも共通項はある。

もしかすると、主導するリーダーの持つ、
引き寄せる魅力の度合いなのかもしれない。

何をすべきかという観点では、以下のように
------------------------------------------------
現状認識
 ・使用中の帳票・記録
あるべき管理体制 OR 管理点と適合基準
 ・フローダイアグラム
 ・商品仕様
その差異の認識
 ・文書 手順書など
 ・文書 帳票
 ・教育訓練
 ・(適時・毎年)見直しの運用手順
------------------------------------------------
管理点と適合基準 OR 管理体制で確立した
あるべき姿 を用いた現状の評価とそのまとめ
文書:箇条書き
------------------------------------------------
差異に対する対処(見直しと具体的文書
:箇条書き)
 留意点 食品安全 (交差汚染) 
 留意点 労働安全
 留意点 環境保全
------------------------------------------------
箇条書きした内容に対する対処スケジュールの
立案(実施と検証)
リスク評価 ・年一回
------------------------------------------------
検証後の、手順書・マニュアル・帳票などの
運用を想定した教育訓練 ・記録
------------------------------------------------
運用実施
------------------------------------------------
3ヶ月程度の運用、および、収穫時期等における
自己点検 ・年一回
------------------------------------------------
自己点検結果に対する是正とその対処 ・記録
------------------------------------------------
初回審査
------------------------------------------------
(初回審査の後はここでは省略します)

時間的には、大凡早くて6ヶ月程度になります。
最初の段階が、重要です。そして、チームでの
取組みができること、これも重要ですね。

***********************以下関連

ではまた

--------------------------------------------------

尚、このサイトの掲載内容は私自身の見解であり、

日本GAP協会などの機関とは全く関係はありません。

また、GAPに関するビジネスに利害を及ぼすために

記載している訳ではありません。


ここに記載されている内容は、私自身の経験からの

記載であり、内容が正確でない場合もあることを

ご理解の上、ご利用願います。


もしよろしければ、ご意見などご一報ください。

[PR]
by tm3381 | 2018-08-24 06:13 | GAP | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ