GAPに取組む を考察しよう (3)現状の把握

立秋とは名ばかりの蒸暑さ 
こんにちは すてきな農業のスタイル に
ご訪問くださいましてありがとうございます。

GAPに取り組む農場の方が日常に行うこと、
野菜や果物の購入者の方にとっては、GAPでは
購入するものがどのようにしてできたのか、と
いったことを少しお伝えできればと思います。

**********************************
前回
GAPに取組む を考えよう (2)順序について
に続いて、現場の状況把握について、記事にいたします。

ついつい、GAPは文書作成、帳票作成という誤解が
多いのですが、初回認証まではとにかく、スタート
できる、その状態を作り上げることにありますので、
できるだけ、今の帳票などを活用しましょう。
ただ、そうはいっても・・・
現状の把握にどうしても必要なのが、これ。

管理点1.2 圃場と施設の地図
圃場の現状確認は、この過去記事を参考に。

施設については、
 壁面の棚、不明のドア
 排水設備、廃棄物置き場、手洗い施設
と記載しておりますが、どこの壁や天井
なのかは記載しておりませんでした。
それは、
  • 機械類の置場
  • 農業資材類の置場
  • 肥料の置場
  • 農薬の置場
  • 農薬散布機の置場
  • 防除衣の置場
  • 農産物取扱い施設
  • 包装資材の置場
  • 更衣室
  • 休憩所
  • トイレ
  • 手洗い場
  • 水源と排水
  • 廃棄物の置場(農薬空き容器の一次保管場所)
というような施設が該当します。

この一つ一つに問題がある場合もあります。
あるいは、すでに整理整頓ができているという
ような場合もあります。
これは農場の現状次第です。
整理整頓はこちら  ・・・実行は3S

いずれにしても、これら、把握した内容をすべて
地図や施設平面図に記すことになります。
ただし、整理整頓ができていないような場合は、
確認した内容に基づいて、どのようにするべきかを
まず考えてみなくてはいけません。

無作為に整理整頓だけして、あったところに戻す
だけに終わります。そうではなく、農場全体の
バランス、あるいはヒトモノの動線などを考慮して、
再配置するようなことも考慮するべきかと思います。
このことは、管理点と適合基準
 4.1 圃場お寄り倉庫における交差汚染の防止
 5.1 農産物取扱い施設における交差汚染及び
   異物混入の防止
等の中で、立地や施設構造の見直し、というように
明示があります。

b0391989_20595909.jpg
我が家のバルコニーに咲くペチュニア

簡単に言うと、ガラガラポン をする
ということですね。
ただ、そのガラガラするのは良いのですが、
ポンする形、型、仕組み、スタイルを想定してから、
ガラガラしてポンしましょうね、
ということです。
この時に、注意するべきは、この交差汚染ですね。

交差汚染、
これはどのようなところに潜んでいるのか
についてはまた次回にいたしましょう。

ではまた

--------------------------------------------------

尚、このサイトの掲載内容は私自身の見解であり、

日本GAP協会などの機関とは全く関係はありません。

また、GAPに関するビジネスに利害を及ぼすために

記載している訳ではありません。


ここに記載されている内容は、私自身の経験からの

記載であり、内容が正確でない場合もあることを

ご理解の上、ご利用願います。


もしよろしければ、ご意見などご一報ください。

[PR]
by tm3381 | 2018-08-11 06:15 | GAP | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ