まだNotesやってるの 失礼ね・・・

こんにちは すてきな農業のスタイル に
ご訪問くださいましてありがとうございます。

**********************************

まだ Notes ノーツ をやってるの???
いま世間ではこんな会話を聞くことがあります。
ご存じない方は下のリンクからご覧ください。

私が Notes を知ったのは、いまから20年ほど前、
とある会社員であったとき、
その業務が商品開発であり、商品開発を行う上で、
最も留意したのが、過去の事例の参照でした。
過去の事例といっても、うまくいったことではなく、
うまくいかなかったことです。

うまくいかないことを何度やっても駄目なので、
それにトライすることは火を見るより明らか、
無駄だったのです。
そこで、その無駄をできるだけ排除するためには、
ある程度思いつくキーワードで、検索できることなのでした。

当時は、まだ、ワープロ 書院とか、まだパソコン
ではない全文検索は機能の目的外ですね。
そんなときからの念願でした。
その時に出会ったのが、その当時、Lotus Notes でした。
全文検索ができると、このようなキャッチフレーズ。

だったら過去の履歴が現在に利用できるはずだと、
当時のトップを口説き落としたまでは良かった。
で、それを誰がやるのかと・・・・
十数人の人が参加する会議での出来事です。
誰かやってよ・・・ と願いましたが、手は上がらず。

もう、ほんとに誰かやってくれる人いないの・・・・
もう、ほんとに・・・・・・・・
やってくんなきゃ、開発の効率上がらないんだけど。
ほんとにもう ・・・・・・・・・・・・・・・・

ああ、仕方ない、自分のことは自分でするか。
言い出した自分がやりますと。
それで、即決。この話は終わり。

どうすんの、どうしたらいいの。。。
ベンダーから見積もりを入手して、稟議して、
通信設備の工事が始まりました。
デジタル回線(ISDN)、サーバーの設置、パソコンの
設置、導通テスト、インストール、ID登録、
サーバーとクライアント設定、あわただしく、
環境は整った。メールは何とか、会話もできた。

ディスカッションと掲示板、テンプレートがある
ので、こうやって、データベースを作ったらすぐ
できると。確かにすぐできたけど、誰がいつ何を
入れたらいいの。
曰く、それは会社で決めてください。

ところで全文検索をしたいのだけど。。。
何を全文検索したいのですか? 全文検索するなら、
その前に、検索するべき文書を作成しておかなないと
いけないですよ。
それはどうしたらいいのですか? 文書の作成は、
データベースの設計をして、データ入力できるように
すればできますよ。

誰がデータベースを設計するのですか?
誰でもできます、Designer を使えばできますよ。
ではそれを使えるように設定をお願いします。
その後、設定をしておきました、と。

ところで、設計はどのようにすればよいですか?
どういうものが必要であるといっていただければ、
その提案はできます。できますが、スキルのある
社員は限られます。
ところで、それは無償ですか?
いいえ、有償です。皆さんそれぞれ違いますので。

であれば、自分で少し考えます。
どのようにするとよいですか?
いくつか標準のテンプレートとか、サンプルの
データベースがありますので、それを差し上げます。
それを参考にしてみてください。

参考にといっても、どのようにしたら良いのですか?
Designer をこうして起動して、このようにすれば
フォームができて、フォームを使ってデータ入力、
すると、その文書がビューで見えます。
そのビューで、このようにして検索することで、
全文検索できます。

こうしてキーワードを入力して、実行とすれば、
ほら、キーワードがたくさんあるほど上に表示され、
色付けされて見えるでしょう。
キーワードがない文書は表示されません。

なるほど、そうですか、ではそれでやってみます。

そんなやり取りをして、兎に角、何もわからない
素人が Designer を操って、設計を始めることに
なりました。
といっても、とても操っているとはとても
恥ずかしくて人さまには言えるものではありません。

ヘルプ(これもNotesDB)を検索して、
何が目的の内容に合うのかを見つけて、
そのうち、先に式やスクリプト(大工道具?)が
どのようなことができるのかを知っておいた方が
速いなと。

参考書がほしい・・・
その当時のものはさすがに捨ててしまったが、
今はこんな参考書がある。

b0391989_20432280.jpg

長くなってしまいました。
続きます。 ではまた



[PR]
by tm3381 | 2018-07-28 06:36 | ドミノ | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ