地域支援農業(CSA) のスタイル

こんにちは これからの農業のスタイル に
ご訪問くださいましてありがとうございます。

********************************
このキーワード、これからの農業のかたち という
ブログテーマでヒットするもの。


そこでどのようなことなのかと覗いてみた。

この意図するところは
 同じ地域に住む農家と消費者が、
 共に農業の恵みとリスクを分かち合う
ということのようだ。

コミュニティーなので、賛同するという意味が
含まれているのだと思われる。

GAPの考え方にも、
 地域内の循環を考慮した農業の実践(21.2)
があり、周辺環境への配慮(21.1)なども
管理点の一つになっている。

農業は、農業者以外から見れば、農場内という
閉鎖環境で行われているように見えてしまう。
特に、大きな機械や肥料のにおい、防護服の様
どれをとっても、なじみのないものである。

どうやって農作物を大きく育てているのか・・・
何か余計なことをしていないのか、
と勘繰られてもある意味仕方がない。

決して何か特別なことをしているのではないが、
相互の認識という点ではその機会が少ない。
唯一、収穫された農作物を通して互いのことを
知るきっかけが生まれる。

賛同していただく前に、認識をしていただく、
という側面は持続可能な農業には不可欠でしょう。
GAPに取り組んだ農作物だから、という一方的な
視点だけではすこし配慮不足かもしれない。

同じ環境・社会に、同時に生きている我々として
プライバシーとの兼ね合いで適度な係わりを持つ、
ということはこれからも一つのテーマになる、と
思っている。

自分の中でのGAPに関わる頭中の整理整頓と、
農業に関わる方への一つの参考にと思ったが、
見方を変えると、農業に関わっていない方への
アプローチになればと、三度おいしいブログを
目指すというのもありですね。


[PR]
by tm3381 | 2018-07-23 06:54 | GAP | Comments(0)

未来につなぐ農業を応援いたします


by トシ